最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデルの準備

参照結果の取得、パフォーマンスの最適化

デスクトップ シミュレーションからリアルタイム シミュレーションへのモデルの移行は反復的なプロセスで、場合によってはモデルの大幅な再構成が必要になります。リアルタイム モデルの準備のワークフローでは、開発マシン上でモデルの計算コストを解析して削減する方法を説明します。ワークフローの実行後には、リアルタイム ターゲット マシンでのシミュレーションに最適な固定コスト ソルバー設定を決定できます。

トピック

モデルを準備する目的

Simscape™ モデルに、想定されたシミュレーション結果を生成する十分な精度があるか、また、オーバーランを発生させずにリアルタイム ターゲット マシンで動作する十分な速度があるかを判断する。

リアルタイム モデルの準備のワークフロー

リアルタイム モデルの準備のワークフローに従って、Simscape モデルをリアルタイム対応にします。

速度と精度の向上

Simscape モデルをリアルタイムでシミュレートするには、速度と精度のバランスが必要です。このバランスは、計算コストの削減、ソルバー構成の最適化または処理能力の向上によって達成できます。

ステップ サイズの決定

Simscape モデルの可変ステップ シミュレーションの結果を解析することによって、固定ステップ シミュレーションに使用する最大ステップ サイズを決定します。

分割ソルバーを使用したシミュレーションの高速化

Simscape 分割ソルバーを使用して、大規模な方程式系を、解きやすい複数の小規模な方程式系に変換することにより、パフォーマンスを改善する。

計算コストの削減

余分な監視やデータ ログなど、不要かつ計算コストの高いプロセスを特定して排除することにより、Simscape モデルをリアルタイム対応にします。

高速ダイナミクスの削減

Simscape モデルをリアルタイム対応にするため、周波数応答解析と極速度解析を使用して特定される高速ダイナミクスを削減して計算コストを下げる。

数値的スティッフ性の軽減

急激な変化を引き起こすコンポーネントを削除することで、シミュレーションの計算コストを削減し、Simscape モデルをリアルタイム対応にします。

ゼロクロッシングの削減

ゼロクロッシングを引き起こすコンポーネントを排除することで、固定ステップ シミュレーションの最小ステップ サイズを大きくし、Simscape モデルをリアルタイム対応にします。

モデルの分割

リアルタイム プロセッサ上での並列処理を目的とした Simscape モデルの分割。

モデル バリアントの管理

バリアント サブシステムを使用した動的システムのモデル バリアントの選択。