Main Content

getDebugLog

CJS クラスターで実行されたジョブからの出力メッセージを読み取る

構文

str = getDebugLog(cluster,job_or_task)

引数

str

メッセージが文字ベクトル式として返される変数

cluster

parcluster で作成され、Microsoft® Windows HPC Server (または CCS)、Platform LSF®、PBS Pro® あるいは TORQUE クラスターを参照するクラスター オブジェクト

job_or_task

目的のメッセージを出力するジョブまたはタスクを特定するオブジェクト

説明

str = getDebugLog(cluster,job_or_task) は、job_or_task で特定されたジョブまたはタスクが、cluster で特定されたクラスターで実行される際に標準出力または標準エラー ストリームに書き込む出力をすべて返します。

この例では、通信ジョブを作成して送信する方法、および、ジョブのデバッグ ログを取得する方法を示しています。クラスターのプロパティを定義する My3pCluster というクラスター プロファイルが既に定義済みであると仮定します。

c = parcluster('My3pCluster');

j = createCommunicatingJob(c);
createTask(j,@spmdIndex,1,{});
submit(j);

getDebugLog(c,j);

バージョン履歴

R2006a より前に導入