ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

表示オプション

optimoptions では、一部のオプションが "非表示" になります。つまり、該当するオプションの値が表示されなくなります。たとえば、次のようにすると DiffMinChange オプションが非表示になります。

options = optimoptions('fsolve','DiffMinChange',1e-3)
options = 

  fsolve options:

   Options used by current Algorithm ('trust-region-dogleg'):
   (Other available algorithms: 'levenberg-marquardt', 'trust-region')

   Set properties:
     No options set.

   Default properties:
                   Algorithm: 'trust-region-dogleg'
              CheckGradients: 0
                     Display: 'final'
    FiniteDifferenceStepSize: 'sqrt(eps)'
        FiniteDifferenceType: 'forward'
           FunctionTolerance: 1.0000e-06
      MaxFunctionEvaluations: '100*numberOfVariables'
               MaxIterations: 400
         OptimalityTolerance: 1.0000e-06
                   OutputFcn: []
                     PlotFcn: []
    SpecifyObjectiveGradient: 0
               StepTolerance: 1.0000e-06
                    TypicalX: 'ones(numberOfVariables,1)'
                 UseParallel: 0

   Show options not used by current Algorithm ('trust-region-dogleg')

ドット表記を使用すると、"非表示" オプションを含め、どのオプションの値でも表示できます。たとえば、

options.DiffMinChange
ans =

   1.0000e-03

ソルバーのリファレンス ページでは、"非表示" オプションがイタリックで記載されています。

一部のオプションが "非表示" である理由は次の 2 つです。

  • より良い方法がある。たとえば、DiffMinChange オプションと DiffMaxChange オプションの両方に置き換わるものとして FiniteDifferenceStepSize オプションがあります。そのため、DiffMinChangeDiffMaxChange の両方が "非表示" になっています。

  • まれにしか使用されないか、適切に設定するのが難しい。たとえば、fminconMaxSQPIter オプションは難解で、選択するのが難しいため、"非表示" になっています。

  • 非表示オプションのリストは、非表示オプションを参照してください。

関連するトピック