ドキュメンテーション

Figure の表示

Figure の作成と削除

デバイス上で Figure を作成または更新するコマンドを実行すると、MATLAB® Mobile™ によって [履歴] 画面に各 Figure ウィンドウのサムネイルが表示され、より大きいプレビューが [Figure] 画面に表示されます。コマンド ウィンドウでもサムネイルを見ることができます。サムネイルまたはプレビューを選択すると、完全な Figure を操作できます。

Figure を閉じるには、[Figure] ページの Figure プレビューを長押しして、表示される [閉じる] アイコン をタップします。または、close コマンドを使用します。

スナップショットとライブ Figure

カメラのアイコン が付いた Figure のサムネイルは、クラウド上で開いていない Figure に対応しています。これらの Figure はデバイス上で静的な "スナップショット" として保存されています。スナップショットの解像度は固定です。

"ライブ" の Figure (つまり、現在開いている Figure) のズームおよびパンを行うと、アプリケーションによってクラウドから Figure が更新されます。

データ点の値の表示

図を表示する場合は、データ カーソル モードを有効または無効にできます。有効にすると、データ カーソルにより図上の単一のデータ点に対し x、y または z (該当する場合) の値が表示されます。

データ カーソル モードを有効または無効にするには、以下の手順に従います。

  1. [Figure] で、Figure を開きます。

  2. 画面上部の [データ カーソルの表示] をタップします。データ カーソル モードを無効にするには、[データ カーソルの非表示] をタップします。

データ点の値を表示するには、十字形のポインターを図の特定点にドラッグするか、ズームおよび移動によって図を移動させます。アプリケーションが値を取得し、これを表示します。

注意と制限

  • 実行中に同じ Figure ウィンドウを複数回更新するスクリプトまたは関数を呼び出すと、アプリケーションでは最後の更新のみ取得されます。

  • 10 件を超える Figure ウィンドウが開いている場合、デバイスでコマンドを入力すると、不要な Figure が閉じられるまで警告が返されます。Figure を閉じるには、close(n)close('all') などの close コマンドを使用します。

  • 現在の Figure の外観を変更しないプロット コマンドをデバイスから実行した場合、MATLAB Mobile は新しいコピーを返しません。たとえば、同じプロット コマンドを連続して 2 回実行しても、デバイスは 1 つの Figureしか返しません。

    membrane
    membrane

    ただし、2 つの同一のコマンド間で異なるプロット コマンドを実行すると、MATLAB Mobile は、新しいバージョンの Figure ウィンドウを取得し、古いバージョンをスナップショットとして履歴内に保存します。

    membrane
    peaks
    membrane
  • 既定では、MATLAB Mobile は、アプリケーションの終了後に最大 100 個の Figure のスナップショットを履歴内に保存します。この設定を変更するには、[詳細][設定] (iPhone および iPod デバイス) または (iPad デバイス) をタップします。次に、[最大スナップショット数] を選択して、保存するスナップショットの数を選択します。