Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

表面プロパティの変更

この例では、MATLAB® で表面プロットのプロパティを取得し、プロパティ値を変更してプロットをカスタマイズする方法を示します。

surface オブジェクト

MATLAB で surface オブジェクトを作成する方法はいくつかあります。1 つは、surf を使用する方法です。

[X,Y,Z] = peaks(50);

figure
surf(X,Y,Z)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

他のすべてのグラフィックス オブジェクトと同様に、surface には表示と変更が可能なプロパティがあります。こうしたプロパティには既定値があります。surface オブジェクト s を表示すると、EdgeColorLineStyleFaceColorFaceLighting など、最もよく使用される表面プロパティが示されます。

s = surf(X,Y,Z)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

s = 
  Surface with properties:

       EdgeColor: [0 0 0]
       LineStyle: '-'
       FaceColor: 'flat'
    FaceLighting: 'flat'
       FaceAlpha: 1
           XData: [50x50 double]
           YData: [50x50 double]
           ZData: [50x50 double]
           CData: [50x50 double]

  Show all properties

個々の表面プロパティの取得

個々のプロパティにアクセスするには、ドット表記構文 object.PropertyName を使用します。たとえば、表面の FaceColor プロパティを返します。

s.FaceColor
ans = 
'flat'

よく使用する表面プロパティの変更

表面プロパティを変更するために、いくつかの関数が使用できます。たとえば、関数 shading を使用して表面のシェーディングを制御します。

shading interp    % interpolate the colormap across the surface face

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

関数 lighting を使用して表面のライティング特性を調整します。lighting が効果をもつには、light オブジェクトを作成して表面にライトを当てなければなりません。

light               % create a light
lighting gouraud    % preferred method for lighting curved surfaces

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

表面の反射率プロパティを変更するには、関数 material を使用します。

material dull    % set material to be dull, no specular highlights

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

現在の座標軸にある全オブジェクトの透明度を設定するには、関数 alpha を使用します。この関数により、透明度を 1 ~ 0 の任意の値に設定します。1 は完全な不透明を表し、0 は完全な透明を表します。

alpha(0.8)    % set transparency to 0.8

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

その他の表面プロパティの変更

表面の外観をカスタマイズするには、ドット表記を使用してプロパティ値を変更します。

CData は、表面の頂点の色を定義します。FaceColor プロパティは、頂点の色から表面の面の色を決定する方法を示します。

s.CData = hypot(X,Y);      % set color data

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

s.FaceColor = 'interp';    % interpolate to get face colors

AlphaData は、表面の各頂点の透明度を定義します。FaceAlpha プロパティは、表面の透明度を頂点の透明度から決定する方法を示します。

s.AlphaData = gradient(Z);    % set vertex transparencies
s.FaceAlpha = 'interp';       % interpolate to get face transparencies

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

すべての表面プロパティの取得

MATLAB のグラフィックス オブジェクトには多数のプロパティがあります。表面のすべてのプロパティを表示するには、get コマンドを使用します。

get(s)
          AlignVertexCenters: off
                   AlphaData: [50x50 double]
            AlphaDataMapping: 'scaled'
             AmbientStrength: 0.3000
                  Annotation: [1x1 matlab.graphics.eventdata.Annotation]
            BackFaceLighting: 'reverselit'
                BeingDeleted: off
                  BusyAction: 'queue'
               ButtonDownFcn: ''
                       CData: [50x50 double]
                CDataMapping: 'scaled'
                   CDataMode: 'manual'
                 CDataSource: ''
                    Children: [0x0 GraphicsPlaceholder]
                    Clipping: on
                 ContextMenu: [0x0 GraphicsPlaceholder]
                   CreateFcn: ''
             DataTipTemplate: [1x1 matlab.graphics.datatip.DataTipTemplate]
                   DeleteFcn: ''
             DiffuseStrength: 0.8000
                 DisplayName: ''
                   EdgeAlpha: 1
                   EdgeColor: 'none'
                EdgeLighting: 'none'
                   FaceAlpha: 'interp'
                   FaceColor: 'interp'
                FaceLighting: 'gouraud'
                 FaceNormals: [49x49x3 double]
             FaceNormalsMode: 'auto'
            HandleVisibility: 'on'
                     HitTest: on
               Interruptible: on
                   LineStyle: '-'
                   LineWidth: 0.5000
                      Marker: 'none'
             MarkerEdgeColor: 'auto'
             MarkerFaceColor: 'none'
                  MarkerSize: 6
                   MeshStyle: 'both'
                      Parent: [1x1 Axes]
               PickableParts: 'visible'
                    Selected: off
          SelectionHighlight: on
    SpecularColorReflectance: 1
            SpecularExponent: 10
            SpecularStrength: 0
                         Tag: ''
                        Type: 'surface'
                    UserData: []
               VertexNormals: [50x50x3 double]
           VertexNormalsMode: 'auto'
                     Visible: on
                       XData: [50x50 double]
                   XDataMode: 'manual'
                 XDataSource: ''
                       YData: [50x50 double]
                   YDataMode: 'manual'
                 YDataSource: ''
                       ZData: [50x50 double]
                 ZDataSource: ''