Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

VideoWriter.getProfiles

VideoWriter でサポートされているプロファイルとファイル形式

説明

profiles = VideoWriter.getProfiles() は、VideoWriter で作成できるファイルの種類を示す audiovideo.writer.ProfileInfo オブジェクトの配列を返します。

すべて折りたたむ

使用可能なプロファイルを表示し、'Uncompressed AVI' プロファイルについての特定の情報を取得します。

VideoWriter でサポートされるプロファイルを表示します。

profiles = VideoWriter.getProfiles()
  Summary of installed VideoWriter profiles:

          Name                                     Description                              
    ---------------- -----------------------------------------------------------------------
    Archival         Video file compression with JPEG 2000 codec with lossless mode enabled.
    Grayscale AVI    An AVI file with Grayscale Video Data
    Indexed AVI      An AVI file with Indexed Video Data
    Motion JPEG 2000 Video file compression with JPEG 2000 codec.
    Motion JPEG AVI  An AVI file with Motion JPEG compression
    Uncompressed AVI An AVI file with uncompressed RGB24 video data

'Uncompressed AVI' プロファイルのインデックス番号を取得します。

uncompAVI = find(ismember({profiles.Name},'Uncompressed AVI'));

'Uncompressed AVI' プロファイルのプロパティを表示します。

profiles(uncompAVI)
  audiovideo.writer.ProfileInfo

    ProfileInfo Properties:

       Name:                     'Uncompressed AVI'
       Description:              'An AVI file with uncompressed RGB24 video data'
       FileExtensions:           {'.avi'}
       ColorChannels:            3
       FrameRate:                30
       VideoBitsPerPixel:        24
       VideoCompressionMethod:   'None'
       VideoFormat:              'RGB24'

プロファイルに関連付けられているファイル拡張子を取得します。

ext = profiles(uncompAVI).FileExtensions
ext = 1x1 cell array
    {'.avi'}

出力引数

すべて折りたたむ

サポートされるプロファイルとビデオ ファイル形式。次の読み取り専用プロパティをもつ audiovideo.writer.ProfileInfo オブジェクトの配列として返されます。

プロパティ説明

Name

'Uncompressed AVI' などのプロファイル名を示す文字ベクトル。

Description

プロファイルの説明を示す文字ベクトル。

FileExtensions

そのファイル形式でサポートされているファイル拡張子を含む文字ベクトルの cell 配列。

ColorChannels

各出力ビデオ フレームのカラー チャネル数。

CompressionRatio

入力イメージのバイト数と圧縮イメージのバイト数の目標比率を指定する 1 より大きい数字。Motion JPEG 2000 ファイルに関連付けられたオブジェクトにのみ適用。既定の設定: 10

FrameRate

ビデオの再生速度 (1 秒あたりのフレーム数)。既定の設定: 30

LosslessCompression

解凍データが入力データと同じになるように、可逆モードを使用するかどうかを指定する boolean 値 (論理 true または false)。true の場合、VideoWriterCompressionRatio の値を無視します。Motion JPEG 2000 ファイルに関連付けられたオブジェクトにのみ適用。

MJ2BitDepth

入力イメージ データの最下位ビットの数 (1 ~ 16)。Motion JPEG 2000 ファイルに関連付けられたオブジェクトにのみ適用されます。

Quality

0 ~ 100 の数値。大きな値はビデオが高画質であり、ファイルサイズが大きいことを示します。MPEG-4 または Motion JPEG AVI プロファイルに関連付けられたオブジェクトだけに適用されます。既定の設定: 75

VideoBitsPerPixel

各出力ビデオ フレームのピクセルあたりのビット数。

VideoCompressionMethod

'None' または 'Motion JPEG' など、ビデオ圧縮タイプを示す文字ベクトル。

VideoFormat

'RGB24' など、MATLAB® でのビデオ形式の表現を示す文字ベクトル。

R2010b で導入