ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tsearchn

n 次元の近傍シンプレックス探索

構文

t = tsearchn(X,TRI,XI)
[t,P] = tsearchn(X,TRI,XI)

説明

t = tsearchn(X,TRI,XI) は、XI 内の各点についてドローネ三角形分割 TRI のシンプレックスを囲んでいるインデックス t を返します。Xmn 列の行列で、N 次元の空間内の m 個の点を表します。XIpn 列の行列で、N 次元の空間内の p 個の点を表します。tsearchn は、X の凸包外のすべての点に対して NaN を返します。XI 内の点が 2 つ以上のシンプレックスの境界に位置する場合は、最大のインデックスが返されます。tsearchn には、delaunayn から取得した点 X の三角形分割 TRI が必要です。

[t,P] = tsearchn(X,TRI,XI) は、XI の重心座標 P をシンプレックス TRI で返します。Ppn+1 列の行列です。P の各行は、XI 内の対応する点の Barycentric 座標です。これは、内挿で役立ちます。

ヒント

  • 関数 pointLocation は、有限要素メッシュなどの一部の 2 次元および 3 次元三角形分割で、より優れた検索パフォーマンスを提供できます。

R2006a より前に導入