ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

spaugment

最小二乗拡大系の作成

構文

S = spaugment(A,c)
S = spaugment(A)

説明

S = spaugment(A,c) は、スパースな正方対称不定行列 S = [c*I A; A' 0] を作成します。行列 S は、次の最小二乗問題に関連しています。

min norm(b - A*x)

以下の場合、

r = b - A*x
S * [r/c; x] = [b; 0]

残差スケーリング ファクターの最適値 c は、min(svd(A))norm(r) を含んでおり、通常、計算に非常に時間がかかります。

c の指定された値をもたない S = spaugment(A) は、max(max(abs(A)))/1000 を使用します。

メモ:

以前のバージョンの MATLAB® では、拡大行列は、非正方問題に対してスパース線形方程式ソルバー、\、および / で使用されていました。現在、MATLAB は Aqr 因数分解を使用して最小二乗解を計算します。

参考

R2006a より前に導入