ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

printopt

プリンターの既定の設定

構文

[pcmd,dev] = printopt

説明

[pcmd,dev] = printopt は、システム依存の現在の印刷コマンドと出力デバイスを返します。printopt は、印刷出力を作成する print によって使用されるファイルです。ファイル printopt.m を編集して、ユーザーの既定のプリンター タイプと出力先を設定できます。

  • pcmd は、プリンター ドライバーを直接使用していない場合に print がプリンターにファイルを送信するのに使用するコマンドを含みます。

  • dev は、print コマンドのプリンター ドライバーまたはグラフィックス形式オプションを含みます。

pcmd および dev の既定値はプラットフォームに依存します。次の表は、各プラットフォームの既定値の一覧です。

プラットフォーム

Print コマンド

ドライバーまたは形式

Mac および Linux®

lpr -r

-dprn

R2014a 以前、ドライバーは -dps2 でした。

Windows®

COPY /B %s LPT1:

-dwin

参考

|

R2006a より前に導入