Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

NET.convertArray

(非推奨) 数値の MATLAB 配列を .NET 配列へ変換

NET.convertArray は推奨されません。MATLAB® は、配列を自動的に .NET 型に変換します。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

説明

arrObj = NET.convertArray(V,arrType,m,n,p,...) は、MATLAB 配列を arrType 型の .NET 配列に変換します。arrType を指定しない場合、MATLAB は MATLAB プリミティブ型の変換表に従って配列を変換します。プリミティブ .NET 型の受け渡しを参照してください。MATLAB ベクトルを 2 次元の .NET 配列 (1 行 n 列または m 行 1 列) に変換するには、オプションの値 m,n,p,... を使用します。V が MATLAB ベクトルであり、その次元数とサイズを指定していない場合、arrObj は 1 次元の .NET 配列になります。

すべて折りたたむ

System.Collections.Generic.List クラスを使用して、ランダムな System.Int32 整数のリスト L を作成し、その結果を並べ替えます。

% Create array R of random integers
nInt = 5;
R = randi(100,1,nInt);
% Create .NET array A
A = NET.convertArray(R,'System.Int32');
% Put A into L, a generic collections list
L = NET.createGeneric('System.Collections.Generic.List',{'System.Int32'},A.Length);
L.AddRange(A)
% Sort the values in L
L.Sort

入力引数

すべて折りたたむ

MATLAB 配列。有効な数値の MATLAB 型として指定します。

.NET 配列型。string または文字ベクトルとして指定します。名前には名前空間が含まれます。

例: 'System.Int32'

各次元の要素の数。整数の配列として指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2011b 以降は非推奨

R2009a で導入