最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.settings.mustBeLogicalScalar

設定値が 1 つの要素をもつ logical 配列であることの検証

説明

matlab.settings.mustBeLogicalScalar(settingvalue) は、settingvalue が 1 つの要素をもつ logical 配列でない場合にエラーを発行します。この関数は値を返しません。

この関数は空の値である入力引数を無視します。そのため、設定値が空の場合にはエラーがスローされません。

すべて折りたたむ

設定を作成し、設定値が logical スカラーであることを検証する関数を指定します。

設定グループ mysettings を作成します。

s = settings;
addGroup(s,'mysettings');

設定 MyLogicalSettingmysettings に追加して、検証関数 matlab.settings.mustBeLogicalScalar を指定します。

addSetting(s.mysettings,'MyLogicalSetting','ValidationFcn',@matlab.settings.mustBeLogicalScalar);

次に、検証関数が機能するかどうかをテストします。MyLogicalSetting の値を logical 以外の値に設定します。予想どおり、MATLAB® はエラーをスローします。

s.mysettings.MyLogicalSetting.PersonalValue = 'Hello';
Error setting 'MyLogicalSetting' in group 'mysettings': Value must be logical.

入力引数

すべて折りたたむ

検証する設定値。次のいずれかのスカラーとして指定します。

  • MATLAB の任意の logical クラス

  • isscalar および islogical を実装する MATLAB クラス

他のデータ型の場合、エラーが発生します。

R2019b で導入