ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

getData

クラス: matlab.net.http.io.StringProvider
パッケージ: matlab.net.http.io

StringProvider から HTTP 要求メッセージで送信するデータの次のバッファー

構文

[data,stop] = getData(provider,length)

説明

[data,stop] = getData(provider,length) はデータの次のバッファーを返します。

このメソッドは ContentProvider.getData のオーバーライドされたメソッドです。オーバーライドされている getData メソッドでそれ自身のバッファー データを生成しても、このメソッドで提供するコード変換を利用するサブクラスでは、Data をそれ自身のバッファー データに設定し、このスーパークラスの getData メソッドを呼び出して Data を目的の charset に変換しなければなりません。この呼び出しで length の値を少なくともバッファー内の文字数以上の大きさにしないと、Data の一部だけが変換されます。以下に例を示します。

      function [data, stop] = getData(obj, length)
          obj.Data = generateNextBufferOfData(obj);
          if isempty(obj.Data)
              stop = true;
          else
              [data, stop] = getData(obj, strlength(obj.Data);
          end
      end

入力引数

すべて展開する

コンテンツ プロバイダー。matlab.net.http.io.StringProvider オブジェクトとして指定します。

プロバイダーが返すデータの長さ。double として指定します。詳細については、ContentProvider.getDatalength 引数を参照してください。

出力引数

すべて展開する

データの次のバッファー。uint8 ベクトルまたは空として返します。getData は通常、Data から length 文字までを読み取り、少なくとも length バイト (Data プロパティの長さまで) を uint8 ベクトルとして返しますが、DataCharset 内の文字に応じて結果が length よりもかなり長くなる場合があります。

送信を終了するかどうかを示します。プロバイダーが設定しなければならない logical として返されます。

属性

Accesspublic

R2018a で導入