ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

complete

クラス: matlab.net.http.io.StringProvider
パッケージ: matlab.net.http.io

StringProvider の HTTP ヘッダーの完了

構文

complete(provider,URI)

説明

complete(provider,URI) によって HTTP メッセージは完了します。このメソッドは MATLAB® で呼び出された ContentProvider.complete のオーバーライドされたメソッドです。このメソッドは Content-Type ヘッダー フィールドをメッセージに拡張または追加し、このプロバイダーがデータの変換に使用する charset を指定します。使用する変換は、存在する場合は (明示的または既定の charset をもつ可能性がある)、Header プロパティまたは Request.Header プロパティの Content-Type フィールドの値と、このオブジェクト内の Charset プロパティの値に依存します。このプロバイダーは、Content-Type フィールドまたは charset パラメーターが既存の Content-Type フィールドに含まれていない場合は、それを追加する場合があります。これを回避するために、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドできます。

RequestMessage 内に既にあるヘッダーを置き換えるだけで変更しない他の一部のプロバイダーとは対照的に、このプロバイダーは、必要に応じて charset パラメーターを追加することで、Request プロパティの既存の Content-Type フィールドを拡張する場合があります。

Content-Type フィールド内でその charset が明示的であるかどうかに関係なく、このメソッドから返されるときに Charset プロパティは常にデータのエンコードに使用する charset に設定されます。サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして異なる Charset を指定できます。

入力引数

すべて展開する

コンテンツ プロバイダー。matlab.net.http.io.StringProvider オブジェクトとして指定します。

Uniform Resource Identifier。matlab.net.URI オブジェクトとして指定します。

属性

Accessprotected

R2018a で導入