Main Content

matlab.io.hdfeos.sw.regionInfo

パッケージ: matlab.io.hdfeos.sw

サブセット化された領域に関する情報

構文

[datatype,extent] = regionInfo(swathID,regionID,fieldname)

説明

[datatype,extent] = regionInfo(swathID,regionID,fieldname) は、フィールドのサブセット化された領域のデータ型と範囲を返します。regionID は、サブセット化された領域の識別子です。

この関数は HDF-EOS ライブラリ C API の関数 SWregioninfo に相当しますが、MATLAB® は FORTRAN スタイルの並べ替えを使用するので、extent パラメーターは、C ライブラリ API とは逆の順序になります。

import matlab.io.hdfeos.*
swfid = sw.open('swath.hdf');
swathID = sw.attach(swfid,'Example Swath');
lat = [34 44];
lon = [16 24];
regionID = sw.defBoxRegion(swathID,lat,lon,'MIDPOINT');
[ntype,dims] = sw.regionInfo(swathID,regionID,'Temperature');
sw.detach(swathID);
sw.close(swfid);