ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sheetnames

データ ストアからシート名をクエリする

構文

names = sheetnames(ssds,filename)
names = sheetnames(ssds,I)

説明

names = sheetnames(ssds,filename) は、データ ストア ssds 内の指定されたファイルからシート名を返します。

names = sheetnames(ssds,I) は、指定されたファイル インデックスからシート名を返します。

すべて折りたたむ

ファイル airlinesubset_small.xlsx を含むデータ ストアを作成します。

ssds = spreadsheetDatastore('airlinesmall_subset.xlsx')
ssds = 

  SpreadsheetDatastore with properties:

                      Files: {
                             ' ...\matlab\toolbox\matlab\demos\airlinesmall_subset.xlsx'
                             }
                     Sheets: ''
                      Range: ''

  Sheet Format Properties:
             NumHeaderLines: 0
          ReadVariableNames: true
              VariableNames: {'Year', 'Month', 'DayofMonth' ... and 26 more}
              VariableTypes: {'double', 'double', 'double' ... and 26 more}

  Properties that control the table returned by preview, read, readall:
      SelectedVariableNames: {'Year', 'Month', 'DayofMonth' ... and 26 more}
      SelectedVariableTypes: {'double', 'double', 'double' ... and 26 more}
                   ReadSize: 'file'

データ ストア内の最初 (かつ唯一) のファイルのシート名をクエリします。

sheetnames(ssds,1)
ans = 

  Columns 1 through 7

    '1996'    '1997'    '1998'    '1999'    '2000'    '2001'    '2002'

  Columns 8 through 13

    '2003'    '2004'    '2005'    '2006'    '2007'    '2008'

入力引数

すべて折りたたむ

入力データ ストア。SpreadsheetDatastore オブジェクトとして指定します。データから datastore オブジェクトを作成するには、関数 spreadsheetDatastore または関数 datastore を使用します。

データ ストア内のファイル。クエリするファイルの名前を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

filename の値は、データ ストアの Files プロパティに含まれるファイル名と完全に一致しなければなりません。ファイル名を完全に一致させるには、ssds.Files{N} を使用して filename を指定します。ここで NFiles プロパティ内のファイルのインデックスです。

例: names = sheetnames(ssds,ssds.Files{1}) は、データ ストア ssdsFiles プロパティで指定された最初のファイルに含まれるシート名を返します。

データ型: char | string

ファイル インデックス。正の整数として指定します。Issds 内のファイル数を超えることはできません。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

シート名。指定されたファイル内のシート名を含む string 配列として返されます。

データ型: string

R2016a で導入