Main Content

matlab.apputil.create

[アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスを使用してアプリ プロジェクト ファイルを対話的に作成または変更します。

説明

matlab.apputil.create により [アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスが開き、.mlappinstall ファイルの作成手順をステップごとに進めることができます。

matlab.apputil.create(prjfile) により、指定された .prj ファイルが読み込まれ、この指定プロジェクト ファイルからの情報が [アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスに入力されます。既存のアプリを更新する必要がある場合に、このオプションを使用します。

すべて折りたたむ

matlab.apputil.create

最小限の準備として、メイン ファイルを追加し、アプリ名および必要な製品を指定します。[パッケージ] をクリックするかどうかとは無関係に MATLAB®.prj ファイルを作成し、保存し続けます。ただし、[パッケージ] をクリックしない場合、MATLAB では .mlappinstall ファイルが作成されません。

既存のプロジェクト ファイル myapp.prj があるものとします。ファイルを追加し、説明を更新する場合を考えます。

以前に作成した .prj ファイルを指定して、[アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスを開きます。

matlab.apputil.create('myapp.prj')

このダイアログ ボックスは、以前 myapp で指定したデータが入力された状態で開きます。必要に応じてダイアログ ボックスの情報を変更します。

入力引数

すべて折りたたむ

[アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスで以前に作成した .prj ファイルの絶対パスまたは部分パス。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: 'C:\myapp.prj'

例: "C:\myapp.prj"

バージョン履歴

R2012b で導入