ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ipermute

配列の次元の並べ替えの逆操作を行います。

説明

B = permute(A,dimorder) のように、A = ipermute(B,dimorder) は配列 B の次元をベクトル dimorder によって指定された順序で並べ替えます。

すべて折りたたむ

4 x 3 x 2 の配列 B を作成し、次元の順序 [3 1 2] に従って逆置換を計算します。

rng default
B = rand(4,3,2)
B = 
B(:,:,1) =

    0.8147    0.6324    0.9575
    0.9058    0.0975    0.9649
    0.1270    0.2785    0.1576
    0.9134    0.5469    0.9706


B(:,:,2) =

    0.9572    0.4218    0.6557
    0.4854    0.9157    0.0357
    0.8003    0.7922    0.8491
    0.1419    0.9595    0.9340

A = ipermute(B,[3 1 2])
A = 
A(:,:,1) =

    0.8147    0.9572
    0.6324    0.4218
    0.9575    0.6557


A(:,:,2) =

    0.9058    0.4854
    0.0975    0.9157
    0.9649    0.0357


A(:,:,3) =

    0.1270    0.8003
    0.2785    0.7922
    0.1576    0.8491


A(:,:,4) =

    0.9134    0.1419
    0.5469    0.9595
    0.9706    0.9340

逆置換 A は、同じ次元の順序を使用して並べ替えを行ったときに、その結果が元の配列 B と等しくなるような配列です。

C = permute(A,[3 1 2])
C = 
C(:,:,1) =

    0.8147    0.6324    0.9575
    0.9058    0.0975    0.9649
    0.1270    0.2785    0.1576
    0.9134    0.5469    0.9706


C(:,:,2) =

    0.9572    0.4218    0.6557
    0.4854    0.9157    0.0357
    0.8003    0.7922    0.8491
    0.1419    0.9595    0.9340

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。ベクトル、行列または多次元配列として指定します。

次元の順序。入力配列の次元を表す一意の正の整数要素をもつ行ベクトルとして指定します。

拡張機能

R2006a より前に導入