ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ipermute

N 次元配列の次元の再配列を逆操作

構文

A = ipermute(B,order)

説明

A = ipermute(B,order)permute の逆操作です。ipermute は、permute(A,order) の出力が B となるように B の次元を再配列します。結果の配列 A には B と同じ値がありますが、特定の要素へのアクセスに必要な添字の順序は、order の指定に従って再配置されています。order のすべての要素は、一意的でなければなりません。

すべて折りたたむ

2 x 2 x 3 の配列 A を作成し、ベクトル v に従ってこの配列の順列 P を計算します。P の逆置換は元の配列 A と等価です。

A = rand(2,2,3);
v = [3 2 1];
P = permute(A,v);
IP = ipermute(P,v);
isequal(A,IP)
ans = logical
   1

ヒント

関数 permute および ipermute は、多次元配列の転置 (.') を一般化したものです。

拡張機能

参考

R2006a より前に導入