ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

findfigs

可視なオフスクリーン Figure を見つける

構文

findfigs

説明

findfigs は、表示領域がオフスクリーン状態の可視 Figure ウィンドウをすべて検索し、それらを画面上に配置します。

ウィンドウの表示領域 (ウィンドウのタイトル バー、メニュー バー、ツール バーで隠れない領域) が画面上に表示されない場合、ウィンドウは MATLAB® ソフトウェアにオフスクリーン状態で表示されます。

この関数は、大きなモニターから小さいモニター (または、低解像度のモニター) にアプリケーションを移動させる場合に便利です。大きなモニター上で表示されるウィンドウは、小さなモニター上ではオフスクリーンとなることがあります。関数 findfigs を使用することで、すべてのウィンドウの画面への表示が確実になります。

R2006a より前に導入