ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

etree

ツリーの消去

構文

p = etree(A)
p = etree(A,'col')
p = etree(A,'sym')
[p,q] = etree(...)

説明

p = etree(A) は、A と同じ上三角をもつ対称正方行列の消去木を返します。p(j) は消去木の列 j の親、または j が根の場合に 0 を返します。

p = etree(A,'col')A'*A の消去木を返します。

p = etree(A,'sym') は、p = etree(A) と同じです。

[p,q] = etree(...) は、木の降順置換 q も返します。

R2006a より前に導入