Main Content

cdflib.setStageCacheSize

CDF (Common Data Format) ファイルのステージング キャッシュ バッファーの数の指定

構文

cdflib.setStageCacheSize(cdfId,numBuffers)

説明

cdflib.setStageCacheSize(cdfId,numBuffers) は、CDF (Common Data Format) ファイルのステージング キャッシュ バッファーの数を指定します。CDF キャッシュ スキームについては、『CDF ユーザー ガイド』を参照してください。

cdfId は CDF ファイルを識別します。numBuffers は、バッファーの数を指定する数値です。

例の CDF ファイルを開き、使用されるキャッシュ バッファーの数を指定します。

cdfId = cdflib.open('example.cdf');

% Get current number of staging cache buffers
size = cdflib.getStageCacheSize(cdfId)

size =

   125

% Specify new cache size value.
cdflib.setStageCacheSize(cdfId, 200)

% Get size again.
size = cdflib.getStageCacheSize(cdfId)

size =

   200

% Clean up
cdflib.close(cdfId)

clear cdfId

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFsetStageCacheSize に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。