Main Content

cdflib.open

既存の CDF (Common Data Format) ファイルを開く

構文

cdfId = cdflib.open(filename)

説明

cdfId = cdflib.open(filename) は、既存の CDF (Common Data Format) ファイルを開きます。filename は、ファイルを識別する文字ベクトルまたは string スカラーです。

この関数は、CDF ファイル識別子 cdfId を返します。

この方法で開いたすべての CDF ファイルでは、zModezModeon2 に設定されます。zModes については、『CDF ユーザー ガイド』を参照してください。

例の CDF ファイルを開きます。

cdfId = cdflib.open('example.cdf');

% Clean up
cdflib.close(cdfId)

clear cdfId

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFopenCDF に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。