Main Content

cdflib.getVarsMaxWrittenRecNum

CDF ファイルに対する最大書き込みレコード番号

構文

maxrec = cdflib.getVarsMaxwrittenRecNum(cdfId)

説明

maxrec = cdflib.getVarsMaxwrittenRecNum(cdfId) は、CDF (Common Data Format) ファイルのすべての変数に書きこまれるレコードの最大数を返します。

cdfId は CDF ファイルを識別します。レコード番号は 0 ベースです。

例の CDF ファイルを開き、ファイルに書き込まれたレコードの最大数を確認します。

cdfid = cdflib.open('example.cdf');

% Determine the maximum record number of the records written
maxRecNum = cdflib.getVarsMaxWrittenRecNum(cdfid)

maxRecNum =

    23

%  Clean up
cdflib.close(cdfid)

参照

この関数は、CDF ライブラリ C API のルーチン CDFgetzVarsMaxWrittenRecNum に相当します。

この関数を使用するには、CDF C インターフェイスに関する知識を必要とします。CDF のドキュメンテーションは CDF の Web サイトで参照できます。