Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

複数のシグネチャをもつ .NET メソッドの操作

NetSample アセンブリを作成するには、MATLAB 例での .NET アプリケーションのビルドを参照してください。

SampleMethodSignature クラスは、次の表に示す 3 つのコンストラクターを定義します。

戻り値の型名前引数
netdoc.SampleMethodSignature objSampleMethodSignature 
netdoc.SampleMethodSignature objSampleMethodSignature(double scalar d)
netdoc.SampleMethodSignature objSampleMethodSignature(System.String s)

 SampleMethodSignature クラス

関数シグネチャ例の表示

NetSample のアセンブリをまだ読み込んでいない場合は、以下を入力します。

NET.addAssembly('c:\work\NetSample.dll')

SampleMethodSignatureobj オブジェクトを作成します。

obj = netdoc.SampleMethodSignature;

メソッドのシグネチャを確認するには、次を入力します。

methods(obj, '-full')

MATLAB® 出力で次のシグネチャを探します。

netdoc.SampleMethodSignature obj SampleMethodSignature
netdoc.SampleMethodSignature obj SampleMethodSignature(double scalar d)
netdoc.SampleMethodSignature obj SampleMethodSignature(System.String s)

これらの引数のデータ型に関する詳細は、.NET オブジェクトから返されるデータの処理を参照してください。