ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PythonMATLABimport コマンドの理解

MATLAB®import ステートメントには、Python® と同じ機能がありません。Python は、import ステートメントを使用してコードを読み込み、アクセスできるようにします。MATLAB では、関数 import を使用して、パッケージ名を使用せずにクラスまたは関数を参照します。

注意

次のような呼び出しは絶対に行わないでください。

import py.*

呼び出した場合、MATLAB は、同じ名前の MATLAB 関数の代わりに Python 関数を呼び出します。これは予期しない動作の原因になります。

このコマンドを呼び出す場合、次の MATLAB コマンドを呼び出さなければなりません。

clear import

import pythonmodule」と入力しない

MATLAB は、以下を入力すると、自動的に Python を読み込みます。

py.command

MATLAB で次のように入力しないでください。

import pythonmodule

MATLAB import を使用したクラス名または関数名の短縮

Python の from...import ステートメントを使用すると、完全修飾名を使用せずにモジュールを参照できます。次の Python コードがあるとします。ここで、y は使用するクラス名または関数名です。

from x import y

このステートメントを、次の MATLAB コードで置き換えます。

import x.y

たとえば、Python textwrap モジュールは、テキストのブロックを書式設定します。

S = py.textwrap.wrap('This is a string');

wrap は MATLAB 関数ではないため、呼び出し構文は関数 import を使用して短縮できます。このコマンドを呼び出した後に、パッケージ (py) 名およびモジュール (textwrap) 名を入力する必要はありません。

import py.textwrap.wrap
S = wrap('This is a string');

参考