ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

最初のシートの後ろにスプレッドシートを挿入

この例では、ワークブックへのシートの挿入に使用される Excel® Add メソッドで、オプションの入力引数をスキップする方法を説明します。

Add メソッドには、次のようなオプションの入力引数があります。

  • Before — そのシートの前に新しいシートを追加する

  • After — そのシートの後ろに新しいシートを追加する

  • Count — 追加するシートの総数

  • Type — 追加するシートのタイプ

e = actxserver('Excel.Application');
Add(e.Workbooks);
e.Visible = 1;

ワークブックに、既定のシートからなるコレクションを作成します。

eSheets = e.ActiveWorkbook.Sheets;

コレクションの最初の項目 eSheet1 の後ろにシートを挿入します。

eSheet1 = Item(eSheets,1);
eNewSheet = Add(eSheets,[],eSheet1);

After 引数を指定して Add を呼び出すには、最初の引数 Before を省略して、代わりに空の配列 [] を使用します。

ワークブックを開き、Sheet4 に注目します。

スプレッドシートを閉じます。

アプリケーションを閉じます。

Quit(e)
delete(e)

関連するトピック

外部の Web サイト