ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Python から返されたデータの処理

Python 型の MATLAB 型への自動マッピング

次の表は、Python® から返されたデータを MATLAB® が MATLAB の型に変換する方法を説明します。

Python に表示される Python の戻り値の型

結果の MATLAB の型 — スカラー

bool

logical

int (Version 2.7 のみ)。Python Vesion 3.x の int については、明示的に変換しなければなりません。

int64

float

double

complex

複素数 double

Python のその他すべての型 — type

Python オブジェクト — py.type

明示的な型の変換

MATLAB では、Python データ型を MATLAB 型に手動で変換するために、次のような関数を提供します。

MATLAB に表示される Python の戻り値の型またはプロトコル

MATLAB の変換関数

py.str (version 2.7)

string
char
uint8

py.str (version 3.x)

string
char

py.unicode

string
char

__str__ メソッドをもつオブジェクト

char

py.bytes

uint8

py.int

double
または
int64

py.long

double
または
int64

py.array.array[a]

numeric
double
single
int8
uint8
int16
uint16
int32
uint32
int64
uint64

シーケンス プロトコル (例: py.list および py.tuple)

cell

マッピング プロトコル (例: py.dict)

struct

[a] You can convert py.array.array of any format to the MATLAB type you want.

関連するトピック