Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

オプションの引数を使用した .NET メソッドの呼び出し

MATLAB® は、optional<T> 構文 (T は特定の型) を使用してメソッド シグネチャのオプションの引数を表示します。この機能は、.NET Framework Version 4.0 以降で利用可能です。

既定のメソッド引数を使用するには、System.Reflection.Missing.Value のインスタンスを渡します。

オプション引数のスキップ

メソッドがオーバーロードされていない場合、パラメーター リストの最後にオプション値のすべてを入力する必要はありません。たとえば、オプション引数のスキップを参照してください。

呼び出すオーバーロード メソッドの決定

.NET クラスにオプションの引数をもつオーバーロード メソッドがある場合、MATLAB は入力引数の数が正確に一致するメソッドを選択します。

メソッド間でオプションの引数の型、数、次元が異なる場合、MATLAB はまず、必須引数の型を比較します。必須引数の型がさまざまな場合、MATLAB はクラスで定義された最初のオーバーロード メソッドを選択します。必須引数の型が同一である場合は、一致する .NET メソッドが 1 つだけになるために必要なオプション引数を指定します。そうでない場合、MATLAB はエラーをスローします。たとえば、オーバーロード メソッドの呼び出しを参照してください。

VB.NET での ByRef 属性のサポート

オプションの ByRef 引数のルールは、VB.NET メソッド アクセス修飾子で説明されているように、他のメソッド引数のルールと同じです。RHS の ByRef 引数は、オプションとして表示され、他のオプション引数と同様に機能します。