Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ref キーワードを用いた .NET メソッドの呼び出し

この例では、引数リストで ref キーワードを使用するメソッドの呼び出し方法を説明します。

次の refTest メソッドの入力引数 db1 は、ref キーワードによって変更されます。

using System;
namespace netdoc
{
    public class SampleRefTest
    {
        //test ref keyword
        public void refTest(ref double db1)
        {
            db1 = db1 * 2;
        }
    }
}

MATLAB® の関数シグネチャは次のとおりです。

戻り値の型名前引数
double scalar db1refTest(netdoc.SampleRefTest this,
double scalar db1)

「MATLAB 例での .NET アプリケーションのビルド」にある説明を使用して、SampleRefTest コードからアセンブリを作成します。

開発ツールで作成された DLL ファイル SampleRefTest.dll への絶対パスに設定された変数 asmpath を作成します。以下に例を示します。

asmpath = 'c:\work\Visual Studio 2012\Projects\SampleRefTest\SampleRefTest\bin\Debug\';
asmname = 'SampleRefTest.dll';

アセンブリを読み込みます。

asm = NET.addAssembly(fullfile(asmpath,asmname));

メソッドを呼び出します。

cls = netdoc.SampleRefTest;
db4 = refTest(cls,6)
db4 =
    12

関連する例

詳細