Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxSetProperty (C および Fortran)

MATLAB オブジェクトのパブリック プロパティの値を設定

C 構文

#include "matrix.h"
void mxSetProperty(mxArray *pa, mwIndex index,
  const char *propname, const mxArray *value);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
subroutine mxSetProperty(pa, index, propname, value)
mwPointer pa, value
mwIndex index
character*(*) propname

引数

pa

オブジェクトである mxArray へのポインター。

index

オブジェクト配列の目的の要素のインデックス。

C では、mxArray の最初の要素は 0index をもっています。最後の要素の indexN-1 です。ここで、N は配列内の要素の数です。Fortran では、mxArray の最初の要素の index1 です。最後の要素の indexN です。ここで、N は配列内の要素の数です。

propname

代入する値をもつプロパティの名前。

割り当てる mxArray へのポインター。

説明

mxSetProperty を使用して、指定されたプロパティに value を割り当てます。疑似 C 用語では、mxSetProperty が割り当てを実行します。

pa[index].propname = value;

プロパティ propname は既存のパブリック プロパティでなければならず、indexmxArray の境界内になければなりません。インデックス値をテストするには、関数 mxGetNumberOfElements を使用するか、関数 mxGetM および関数 mxGetN を使用します。

mxSetProperty は値のコピーを作成してから、それを新しいプロパティ値として割り当てます。プロパティが大量のメモリを使用する場合は、コピーの作成が問題になることがあります。値のコピーを格納するための十分なメモリがヒープ内に必要です。

制限

  • MATLAB® エンジン API でビルドされたアプリケーションなどのスタンドアロン アプリケーションでは、mxSetProperty はサポートされていません。

  • datetime 型のプロパティはサポートされていません。

R2008a で導入