Main Content

mxSetImagData (C)

数値 mxArray 内に虚数データ要素を設定

mxSetImagData は、インターリーブされた複素数 API では使用できません。代わりに、型付きのデータ アクセス関数を使用してください。詳細については、互換性についての考慮事項を参照してください。

C 構文

#include "matrix.h"
void mxSetImagData(mxArray *pm, void *pi);

説明

関数 mxSetImagDatamxSetPi と類似していますが、C では pi 引数が void * である点が異なります。この関数は、double 以外の内容をもつ数値配列に使用します。

関数 mxSetImagData は、既存のデータに割り当てられているメモリは解放しません。既存のメモリを解放するには、mxGetImagData によって返されるポインター上で mxFree を呼び出します。

入力引数

すべて展開する

MATLAB 配列へのポインター。mxArray * として指定します。

mxArray 内の複素数データ配列へのポインター。void * として指定します。配列内の各要素には、値の虚数部が含まれています。

配列は、動的メモリ内になければなりません。このメモリを割り当てるには mxCalloc を呼び出します。メモリの配置に問題が発生してプログラムが終了する可能性があるため、ANSI® C の関数 calloc は使用しないでください。pi が静的メモリを指している場合は、配列が破棄されるときにメモリ エラーが発生します。

バージョン履歴

R2006a より前に導入

すべて展開する

R2018a 以降は非推奨

R2018a 以降はエラー