Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxRemoveField (C および Fortran)

構造体配列からのフィールドの削除

C 構文

#include "matrix.h"
void mxRemoveField(mxArray *pm, int fieldnumber);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
subroutine mxRemoveField(pm, fieldnumber)
mwPointer pm
integer*4 fieldnumber

引数

pm

構造体 mxArray へのポインター

fieldnumber

削除するフィールドの番号。C では、最初のフィールドを削除するには fieldnumber0 に設定し、2 番目のフィールドを削除するには fieldnumber1 に設定します (以下同様)。Fortan では、最初のフィールドを削除するには fieldnumber1 に設定し、2 番目のフィールドを削除するには fieldnumber2 に設定します (以下同様)。

説明

mxRemoveField を呼び出して、フィールドを構造体配列から削除します。フィールドが存在しない場合は、何も起きません。この関数によってフィールドの値が破棄されることはありません。実際のフィールドの値を破棄するには、mxRemoveField を呼び出してから、mxDestroyArray を呼び出します。

次のように初期化される MATLAB® 構造体を考えます。

patient.name = 'John Doe';
patient.billing = 127.00;
patient.test = [79 75 73; 180 178 177.5; 220 210 205];

C では、フィールド番号 0name フィールドを表し、フィールド番号 1billing フィールドを表し、フィールド番号 2test フィールドを表します。Fortan では、フィールド番号 1name フィールドを表し、フィールド番号 2billing フィールドを表し、フィールド番号 3test フィールドを表します。

R2006a より前に導入