Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxIsInf (C および Fortran)

入力が無限であるかどうかを判別

C 構文

#include "matrix.h"
bool mxIsInf(double value);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
integer*4 mxIsInf(value)
real*8 value

引数

value

テストする倍精度浮動小数点数

戻り値

値が無限である場合は logical 1 (true)、それ以外の場合は logical 0 (false)。

説明

mxIsInf を呼び出して、value が正の無限大または負の無限大に等しいかどうかを判断します。MATLAB®Inf という名前の永久変数に無限大の値を格納します。この変数は、IEEE® 算術の正の無限大を表します。変数 Inf の値はシステムに組み込まれています。したがって変更することはできません。

無限大を返す演算子には、以下のものがあります。

  • ゼロ除算。たとえば、5/0 は無限大を返します。

  • オーバーフローとなる演算。たとえば、exp(10000) は、マシンで表現するには結果が大きすぎるため、無限大を返します。

valueNaN (Not-a-Number) に等しい場合、mxIsInffalse を返します。言い換えると、NaN は、無限大と等価ではありません。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入