Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxGetJc (C および Fortran)

スパース行列の配列 JC

C 構文

#include "matrix.h"
mwIndex *mxGetJc(const mxArray *pm);

Fortran 構文

#include "fintrf.h"
mwPointer mxGetJc(pm)
mwPointer pm

引数

pm

スパース mxArray へのポインター

戻り値

成功した場合は配列 jc 内の最初の要素へのポインター、それ以外の場合は C では NULL (Fortran では 0)。失敗の原因として、以下が考えられます。

  • フル (非スパース) の mxArray を指定している。

  • C で NULL (Fortan では 0) の pm の値を指定している。この失敗は通常、mxCreateSparse の前回の呼び出しが失敗したことを意味します。

説明

mxGetJc を使用して、配列 jc の開始アドレスを取得します。配列 jc は、n+1 個の要素をもつ整数配列です。ここで、n はスパース mxArray 内の列の数です。配列 jc の値は、非ゼロ要素を含む列を間接的に示します。配列 jc の詳細については、mxSetJc を参照してください。

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mex の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入