最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mxCopyPtrToComplex16 (Fortran)

ポインター配列から Fortran 配列への COMPLEX*16

mxCopyPtrToComplex16 の関数シグネチャは、インターリーブされた複素数 API では異なります。

Fortran 構文

インターリーブされた複素数 API

#include "fintrf.h"
integer*4 mxCopyPtrToComplex16(pd, y, n)
mwPointer pd
complex*16 y(n)
mwSize n

実数/虚数分離型複素数 API

#include "fintrf.h"
subroutine mxCopyPtrToComplex16(pr, pi, y, n)
mwPointer pr, pi
complex*16 y(n)
mwSize n

入力引数

pd

複素数倍精度 MATLAB® 配列へのポインター

pr

倍精度 MATLAB 配列の実数データへのポインター

pi

倍精度 MATLAB 配列の虚数データへのポインター

y

COMPLEX*16 Fortran 配列

n

コピーする要素の数

出力引数

status

関数のステータス。インターリーブされた複素数 API を使用する場合は、integer*4 として返されます。

説明

mxCopyPtrToComplex16 は、指定された MATLAB 配列から n 個の COMPLEX*16 の値を Fortran COMPLEX*16 配列 y にコピーします。MATLAB 配列は以下によって指定されます。

  • pd-R2018a オプションでビルドされた、インターリーブされた複素数 API を使用する場合。

  • pr および pi-R2017b オプションでビルドされた、実数/虚数分離型複素数 API を使用する場合。

MEX ファイルの計算ルーチンとの間で引数として渡す標準の Fortran 配列を設定します。このサブルーチンは、%VAL コンストラクトをサポートしていない Fortran コンパイラで使用します。

matlabroot/extern/examples/eng_mat の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入