Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab::engine::terminateEngineClient

実行時にエンジンのリソースを解放する

説明

void matlab::engine::terminateEngineClient()

アプリケーション プログラムで MATLAB® エンジンが不要になると、MATLAB エンジンのすべてのリソースを実行時に解放します。

メモ

terminateEngineClient を呼び出した後は、プログラムから新たな MATLAB エンジンを起動したり、共有 MATLAB セッションに接続することはできません。

インクルード

名前空間:

matlab::engine

インクルード

MatlabEngine.hpp

エンジン セッションを終了してリソースを解放します。

// Start MATLAB session
std::unique_ptr<MATLABEngine> matlabPtr = startMATLAB();
...
// Terminate MATLAB session
matlab::engine::terminateEngineClient();
R2017b で導入