最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.engine.find_matlab

共有 MATLAB セッションを見つけて Python 用の MATLAB エンジンに接続

説明

names = matlab.engine.find_matlab() はローカル マシンのすべての共有 MATLAB® セッションを見つけ、その名前を tuple で返します。names にある名前はいずれも matlab.engine.connect_matlab の入力引数として使用できます。ローカル マシンで実行中の共有セッションがない場合、matlab.engine.find_matlab は空の tuple を返します。

すべて折りたたむ

ローカル マシンで実行中の共有 MATLAB セッションを特定して、そのうちの 1 つに接続します。

import matlab.engine
names = matlab.engine.find_matlab()
names
('MATLAB_6830', 'MATLAB_7090')

実行中の共有 MATLAB セッションは 2 つあるため、matlab.engine.find_matlab は 2 つの名前を tuple で返します。

最初の共有 MATLAB セッションに接続します。

eng = matlab.engine.connect_matlab('MATLAB_6830')

R2015b で導入