Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab::data::MATLABString

MATLAB string 配列の要素の型

説明

C++ で MATLAB® string 配列を表すには、MATLABString を使用します。欠損している string 配列要素を表現できるようにするには、MATLABString を次のように定義します。

using MATLABString = optional<String>;

MATLAB での string 配列の詳細については、string 配列の作成を参照してください。

クラスの詳細

名前空間:

matlab::data

インクルード:

String.hpp

MATLAB から MEX 関数へ string 配列を渡す

以下のように MATLAB で string 配列を作成し、C++ MEX 関数に渡します。

str(1) = "";
str(2) = "Gemini";
str(3) = string(missing)
result = myMexFcn(str);

MEX 関数で、入力を matlab::data::MATLABString 型の配列に代入します。

matlab::data::TypedArray<matlab::data::MATLABString> stringArray = inputs[0];

MEX 関数から MATLAB へ string 配列を渡す

MEX 関数で string 配列を作成し、この配列を出力として MATLAB に渡します。配列は、テキスト要素、空の string、および欠損している string 要素を定義します。

matlab::data::ArrayFactory factory;
outputs[0] = factory.createArray<MATLABString>({ 1,3 }, 
	{ matlab::data::MATLABString(u""), 
       matlab::data::MATLABString(u"Gemini"), 
       matlab::data::MATLABString() });

MATLAB に返される結果は string 配列です。

 result = 

  1×3 string array

    ""    "Gemini"    <missing>
R2017b で導入