Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

サンプル プラグイン スクリプトの動作のカスタマイズ

汎用スケジューラ インターフェイスを使用する場合、AdditionalProperties を使用して汎用のクラスター プロファイルまたはクラスター オブジェクトに追加プロパティを設定することにより、プラグイン スクリプトの動作を変更できます。汎用スケジューラ インターフェイスの詳細については、汎用スケジューラ インターフェイスを使用した構成を参照してください。

サンプル プラグイン スクリプトでは、以下のプロパティを設定できます。

すべてのスケジューラのプロパティ

プロパティ説明

ClusterHost

ジョブを投入するスケジューラ ユーティリティをもつクラスター マシンのホスト名。このプロパティは、リモートで非共有の投入モードでのみ使用できます。

string

RemoteJobStorageLocation

ジョブ ファイルを保存するクラスター上の場所。このプロパティは、非共有の投入モードでのみ使用できます。

string

AdditionalSubmitArgs

ジョブの投入に関するスケジューラの追加の引数。サンプル プラグイン スクリプトは、このプロパティ値をスケジューラの投入文字列に追加します。

string

Username

ClusterHost へのログインに使用するユーザー名。

string

UseUniqueSubfolders

一意のサブフォルダーを使用するためのオプション。ユーザー名と MATLAB® のバージョンに基づいて、MATLAB で異なるサブフォルダーにジョブ ファイルを保存する場合は、このプロパティを true に設定します。これは、異なるユーザーおよび MATLAB バージョンから投入されたジョブ間の競合を回避する上で役立ちます。

logical

UseIdentityFile

ID ファイルを使用するためのオプション。ClusterHost へのログインに SSH の ID ファイルを使用する場合は、このプロパティを true に設定します。このプロパティを設定した場合は、IdentityFile および IdentityFileHasPassphrase も設定します。

logical

IdentityFile

ClusterHost でユーザーを識別する SSH の ID ファイルのあるクライアント マシン上の場所。

string

IdentityFileHasPassphrase

IdentityFile にパスフレーズが必要な場合は、このプロパティを true に設定します。

logical

PBS 専用のプロパティ

プロパティ説明

ProcsPerNode

クラスター内のノードあたりのプロセッサ コア数。ほとんどのクラスターでは、これはノードあたりの物理コア数です。さらにガイダンスが必要な場合は、クラスター管理者に問い合わせてください。

数値

はじめて汎用プロファイル ウィザードを使用して、汎用クラスター プロファイルを作成するときには、インストーラーがこれらのプロパティの一部の設定を順に案内します。インストーラーの詳細については、サードパーティ製スケジューラとのインターフェイスを参照してください。

また、独自のプロパティを定義して、プラグイン スクリプトの動作をカスタマイズすることもできます。このためには、プラグイン スクリプトを変更しなければなりません。詳細については、ユーザー カスタマイゼーションの追加 (Parallel Computing Toolbox)を参照してください。

追加のプロパティの設定

クラスター プロファイル マネージャーまたはプログラムを使用して、クラスター プロファイル内に追加のプロパティを設定できます。

クラスター プロファイル内でのプロパティの設定

クラスター プロファイル内に追加のプロパティを設定すると、クラスターを使用するたびにそのプロパティが適用されます。

  • MATLAB ツールストリップの [ホーム] タブの [環境] 領域で、[並列][クラスターの作成と管理] を選択します。

  • クラスター プロファイル マネージャーで、変更する汎用プロファイルをクリックします。

  • 右下の [編集] をクリックします。

  • AdditionalProperties テーブルに移動します。

  • 新しいプロパティを追加するには、[追加] をクリックします。既存のプロパティを変更するには、そのプロパティをクリックします。

次の図は、LSF® クラスター プロファイルの AdditionalSubmitArgs の例を示します。

プログラムによるプロパティの設定

汎用クラスター オブジェクトの AdditionalProperties にアクセスすることで、プログラムにより追加のプロパティを設定できます。このアクションはクラスター プロファイルを更新せず、このプロパティは特定のクラスター オブジェクトにのみ適用されることに注意してください。次は、LSF クラスターの AdditionalSubmitArgs を設定する方法の例です。

まず、関数 parcluster を使用してクラスター オブジェクトを作成します。次のコードの MyLSFCluster をクラスター プロファイルの名前に置き換えます。

c = parcluster("MyLSFCluster");

次に、プラグイン スクリプトが異なるジョブ キューを使用するように AdditionalSubmitArgs を設定します。

c.AdditionalProperties.AdditionalSubmitArgs = '-q matlab_queue';

この変更により、ジョブの投入時に MATLAB はスケジューラに追加の引数を渡します。たとえば、バッチ ジョブを投入します。

job = batch(c,"myScript");

関連するトピック