ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

iptGetPointerBehavior

グラフィックス オブジェクトからポインター動作を取得

構文

pointerBehavior = iptGetPointerBehavior(obj)

説明

pointerBehavior = iptGetPointerBehavior(obj) は、グラフィックス オブジェクト obj に関連付けられているポインター動作構造体を返します。ポインター動作構造体には、Figure のマウス ポインターがオブジェクトに重なったときや、オブジェクトから離れたときに何が起こるかを制御する Figure のポインター マネージャー (「iptPointerManager」を参照) と相互作用する関数ハンドルが含まれています。詳細は、iptSetPointerBehavior を参照してください。

ポインター動作構造体が obj に含まれていない場合、iptGetPointerBehavior[] を返します。

R2006a で導入

この情報は役に立ちましたか?