Main Content

getAngleFromHorizontal

距離ツールと水平軸の角度を返す

関数 getAngleFromHorizontal は推奨されません。代わりに、ROI の形状の作成で説明されている、いずれかの ROI クラスを使用してください。

説明

angle = getAngleFromHorizontal(h) は水平軸と距離ツール h で定義されるライン間の角度 (度単位) を返します。

入力引数

すべて折りたたむ

距離ツール。imdistline オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

角度。範囲 [0, 180] の数値スカラーとして返されます。

データ型: double

アルゴリズム

imdistline がどのように getAngleToHorizontal で返される角度を計算するのかを理解するには、距離ラインの下の端点から右に拡張した架空の水平ベクトルを描画してください。getAngleToHorizontal で返された値は、0 から 180 度の範囲となるこの水平ベクトルから距離ラインへの角度です。

バージョン履歴

R2006a より前に導入