ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

writeRegion

クラス: ImageAdapter

データ ブロックをイメージ領域に書き込む

構文

adapter.writeRegion(region_start, region_data)

説明

adapter.writeRegion(region_start, region_data) は連続するデータ ブロックをイメージ領域に書き込みます。データ ブロックを書き込む方法は region_data 引数によって指定されます。2 要素ベクトルである region_start は、イメージのターゲット領域の最初のピクセル (最小行、最小列) の場所 [row col] を指定します。ImageAdapter クラスから継承するクラスを作成する場合、データを書き込む必要があるときにはこのメソッドを実装します。