Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イメージ算術のクリップ ルール

整数算術演算の結果は、格納用に割り当てられているデータ型からオーバーフローすることがよくあります。たとえば、uint8 データに格納できる最大値は 255 です。算術演算では結果が小数の値になることもあり、整数配列を使用してこの値を表現することはできません。

MATLAB® 算術演算子および Image Processing Toolbox™ 算術関数では、整数算術に次のルールを使用します。

  • 整数型の範囲を超える値は、その範囲に合わせてクリップされるか切り捨てられます。

  • 小数の値は丸められます。

たとえば、データ型が uint8 の場合、255 より大きい結果 (Inf を含む) は 255 に設定されます。追加の例を次の表に示します。

結果

クラス

クリップされた値

300

uint8

255

-45

uint8

0

10.5

uint8

11

関連するトピック