Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

イメージ算術関数の入れ子呼び出し

イメージ算術関数は、一連の演算の実行と併用できます。たとえば、2 つのイメージの平均を計算するとします。

C=A+B2

この場合、次のように入力できます。

I = imread('rice.png');
I2 = imread('cameraman.tif');
K = imdivide(imadd(I,I2),2); % not recommended 

uint8 データまたは uint16 データと共に使用する場合、各算術関数はその結果を丸めてクリップしてから、次の演算に渡します。これにより、計算の精度が大きく低下することがあります。

この計算は、関数 imlincomb を使用することでより正確に実行できます。関数 imlincomb では、線形結合されたすべての算術演算を倍精度で実行し、最終結果のみを丸めてクリップします。

K = imlincomb(.5,I,.5,I2); % recommended 

参考

関連するトピック