最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

System Identification Toolbox 入門

測定された入出力データからの線形および非線形の動的システム モデルの作成

System Identification Toolbox™ には、MATLAB® 関数と Simulink® ブロックに加え、測定された入出力データから動的システムの数学モデルを作成するためのアプリが用意されています。これにより、基本原則や仕様からは簡単にモデル化できない動的システムのモデルを作成し、使用できるようになります。時間領域および周波数領域の入出力データを使用することで、連続時間および離散時間の伝達関数、プロセス モデルおよび状態空間モデルを同定できます。ツールボックスにはまた、組み込みオンライン パラメーター推定のアルゴリズムもあります。

このツールボックスでは、最尤法、予測誤差の最小化 (PEM)、部分空間システム同定などの同定手法が利用できます。システムの非線形ダイナミクスを表現するために、Hammerstein-Weiner モデルと非線形 ARX モデルを、ウェーブレット ネットワーク、ツリー パーティションおよびシグモイド ネットワークの非線形性を用いて推定できます。ツールボックスでは、ユーザー定義モデルのパラメーターを予測するためにグレーボックス システム同定を実行します。同定されたモデルは、Simulink におけるシステム応答の予測とプラントのモデル化に使用できます。また、時系列データのモデル化と時系列の予測もサポートされています。

チュートリアル

システム同定について