最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点コンバーター アプリがサポートする System object

固定小数点コンバーター アプリを使用すると、良く使用される System object に対してデータ型を推奨して適用することができます。推奨されるデータ型は、System object™ からのシミュレーション データに基づきます。

自動変換は、以下の DSP System Toolbox™ System object で使用可能です。

固定小数点コンバーター アプリでは、シミュレーションの最小値と最大値、0 または正の整数情報およびヒストグラム データを表示できます。

  • 静的範囲データに基づいてこれらの System object にデータ型を推奨することはできません。

  • 'Custom' 固定小数点設定を使用するには、System object を設定しなければなりません。

  • アプリは、入力信号が固定小数点ではなく浮動小数点の場合にのみ推奨されるデータ型を適用します。

    アプリはスケーリングされた double を固定小数点として扱います。System object 用のスケーリングされた double ワークフローは、通常の変数用のワークフローと同じです。

  • アプリでは、[設定] メニューの [既定の語長] 設定は無視されます。アプリではまた、指定された丸めモードとオーバーフロー モードも無視されます。データ型の推奨は、System object の設定に基づきます。

関連するトピック