最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

[型の推奨] オプションの指定

型の推奨オプションを表示するには、固定小数点コンバーター アプリの [固定小数点に変換] ページで、[設定] 矢印 をクリックします。

以下のオプションを使用できます。

型の推奨の基本設定説明

固定小数点型の推奨モード

指定された語長に対する小数部の長さを推奨

指定された語長をデータ型の推奨に使用し、オーバーフローが発生しない小数部の最小長を推奨します。

指定された小数部の長さに対する語調を推奨 (既定値)

指定された小数部の長さをデータ型の推奨に使用し、オーバーフローが発生しない最小語長を推奨します。

既定の語長

16 (既定値)

[固定小数点型の推奨モード][指定された語長に対する小数部の長さを推奨] に設定されている場合に使用する既定の語長

既定の小数部の長さ

4 (既定値)

[固定小数点型の推奨モード][指定された小数部の長さに対する語長を推奨] に設定されている場合に使用する既定の小数部の長さ

推奨される型の詳細設定説明

型を推奨する場合

メモ

手動で入力した静的範囲は常にシミュレーション範囲より優先されます。

シミュレーション範囲を無視

派生範囲に基づくデータ型の推奨

派生範囲を無視

シミュレーション範囲に基づいてデータ型を推奨

収集したデータをすべて使用 (既定値)

シミュレーション範囲と派生範囲の両方に基づいてデータ型を推奨

ターゲットのコンテナー タイプを推奨

あり

範囲を表現でき、C コード生成に適している最短の語長のデータ型を推奨 (8、16、32、64 ...)。たとえば、範囲が [0..7] の変数に対しては、語長に 3 ではなく 8 を推奨します。

いいえ (既定値)

値を表現するのに最低限必要な語長のデータ型を推奨

0 または正の整数を最適化

いいえ

シミュレーション中に、0 または正の整数であった変数に対して整数スケーリングを使用しない。

はい (既定値)

シミュレーション中に、0 または正の整数であった変数に対して整数スケーリングを使用。

符号属性

自動 (既定値)

各変数の範囲情報に応じて符号付きおよび符号なしのデータ型を推奨。

符号付き

符号付きデータ型を推奨。

符号なし

符号なしデータ型を推奨。

シミュレーションの最小/最大値に対する安全余裕 (%)

0 (既定値)

シミュレーションの最小値と最大値の安全余裕係数を指定します。

シミュレーションの最小値と最大値は、このパラメーターが指定する割合によって調整されることによって、シミュレーションの実行で得られた範囲とは異なった範囲を指定できます。たとえば 55 という値を指定した場合は、55 % 以上大きい範囲を指定することになります。-15 という値を指定した場合は、15 % まで小さい範囲が許されることになります。

検索パス

'' (既定の設定)

MATLAB® ファイルを検索するパスのリストにパスを追加します。リスト項目はセミコロンで区切ります。

fimath の設定説明

丸め方法

Ceiling

生成された固定小数点データ型の fimath プロパティを指定。

既定の固定小数点演算プロパティは [Floor] の丸めとオーバーフローの [Wrap] を使用します。これらの設定により、最も効率的なコードが生成されますが、オーバーフローの問題が発生する可能性があります。

コード生成後、生成されたコードを最適化するために (または、オーバーフローを回避する、バイアスを消去するなどの目的で) 必要に応じてこれらの設定を変更し、検証を再実行します。

fimath プロパティについての詳細は、fimath オブジェクト プロパティを参照してください。

Convergent

Floor (既定値)

Nearest

Round

Zero

オーバーフロー アクション

Saturate

Wrap (既定値)

乗算器モード

FullPrecision (既定値)

KeepLSB

KeepMSB

SpecifyPrecision

加算器モード

FullPrecision (既定値)

KeepLSB

KeepMSB

SpecifyPrecision

生成されるファイルの設定説明

生成された固定小数点ファイル名の接尾辞

_fixpt (既定値)

生成された固定小数点ファイル名に追加する接尾辞を指定。

プロットとレポートの設定説明

カスタムのプロット関数

'' (既定の設定)

比較プロットで使用するカスタム プロット関数の名前を指定

シミュレーション データ インスペクターを用いてプロット

いいえ (既定値)

比較プロットにシミュレーション データ インスペクターを使用するかどうかを指定

はい

潜在的なデータ型の問題を強調表示

いいえ (既定値)

生成する HTML レポートで、潜在的なデータ型の問題を強調表示するかどうかを指定します。このオプションをオンにすると、MATLAB コード内で、単精度や倍精度、計算量の多い固定小数点演算を行う箇所が強調表示されます。

はい