Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

丸めモード: 最も近い偶数方向

[最も近い偶数方向] モードでは、値を最も近い表現可能な値に丸め、等距離の場合は最も近い偶数の整数に丸めます。丸めによってバイアスは除去されます。ただし、オーバーフローは発生する場合があります。

MATLAB® ソフトウェアでは、関数 convergent を使用して偶数丸めを行うことができます。次の図は、[最も近い偶数方向] の丸めを示しています。