ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点コードの生成

固定小数点モデルに対するコード生成の最適化

Simulink® Coder™ 製品または Embedded Coder® 製品を使用することで、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアで C コードを生成できます。固定小数点モデルからの生成コードでは、整数型のみが使用され、固定小数点の位置の差を考慮するために必要なシフトなどのすべての演算が自動的に含まれます。生成コードは、固定小数点プロセッサを含んでいる場合でも、組み込み固定小数点プロセッサまたはラピッド プロトタイピング システムで使用できます。

HDL Coder™ と併用する場合、Fixed-Point Designer では、Simulink モデル、Stateflow® チャートおよび MATLAB Function ブロックからビットトゥルーで合成可能な Verilog® コードおよび VHDL® コードを生成できます。

トピック

高性能なコードのモデル

ルックアップ テーブルの最適化

効率を向上させるためにモデル内のルックアップ テーブルを最適化します。

基本的な演算に対するデータ型の選択

基本的な固定小数点演算に対する効率的なデータ型の選択方法を示します。

固定小数点コードの生成のサポート

固定小数点コードの生成でサポートされる Simulink 機能について説明します。

モデル アドバイザーの使用

モデル アドバイザーを使用した生成コードの最適化

モデル アドバイザーを使用して、コード生成で最適な結果にならない可能性があるモデル設定を特定します。

正味勾配計算

生成されたコードで正味勾配計算をソフトウェアが処理する方法を制御します。

生成コードのカスタマイズ

固定小数点ユーティリティ関数の生成の制御

指定した最小値と最大値を使用して固定小数点ユーティリティの生成を制御します。

標準への準拠の維持

C コード生成製品によるシフトの使用

コンフィギュレーション パラメーターの最適化設定およびモデル化手法を使用したシフトの制御方法を含む、MathWorks® のコード生成製品によるシフトの使用を理解する

注目の例