Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

生成されたコードの複素数信号に対する最適化

この例では、Simulink Coder の効率的な複素数信号の処理方法を説明します。信号のデータ型を表示するには、モデルを更新します。[デバッグ] メニューで [モデルの更新] を選択します。複素数信号は、生成されたコードで構造体として表されます。Simulink Coder はこれらの構造体に対してさまざまな最適化を実行します。以下に例を示します。

  • 式の畳み込み: 複素数信号に対する Gain および Sum 演算は単一の式に畳み込まれます。

  • for ループの統合: 2 つの異なる for ループ (1 つは複素数信号用、1 つは非複素数の信号用) は単一の for ループに畳み込まれます。

  • インライン ブロック パラメーター: Gain ブロック "pi" の値は複素数の式 Gain-Sum にインライン化されます。

こういった最適化により、複素数と非複素数の信号に対して生成されたコードは等しく効率的です。

モデル例

model='rtwdemo_complex';
open_system(model);

関連するトピック