Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

アルゴリズム コード内でのターゲット最適化の生成

一部のアプリケーション コンポーネントはハードウェア固有であり、ホスト システム上でシミュレートすることはできません。たとえば、ハードウェア命令が追加操作で飽和できるようにする pragmas およびアセンブリ コード、あるいは高速フーリエ変換 (FFT) 関数を含むコンポーネントを考えてみます。

以下の表に、生成アルゴリズムをターゲット固有最適化でカスタマイズするための統合オプションを示します。

メモ

解決法に "EC のみ" と記載されている場合、Embedded Coder® ライセンスが必要です。

条件説明詳細情報の参照先
既定の数学関数と演算子をターゲット固有のコードで置き換えることでモデル コードの実行速度とメモリを最適化したいEC のみ — 関数と演算子の置換を実装するには、コード置換ツール、コード置換ライブラリ (CRL) API およびコード置換ビューアーを使用して、ハードウェア固有の置換テーブルを作成、調査、検証、および登録します。 コード置換ライブラリの開発と使用による生成コードの最適化 - Simulink®
コード生成技術が生成コード内の信号、調整可能なパラメーター、ブロック状態、およびデータ オブジェクトを宣言、保存、表現する方法を制御したいEC のみ — カスタム ストレージ クラスを設計 (作成) し適用します。

メモ

ホスト環境でターゲット固有の要素を含むアルゴリズムをシミュレートするには、ターゲット コードと等価でホスト環境で実行可能なコードを作成しなければなりません。